栗林秀旭の富士山写真ギャラリー「写ば写ば茶崙」

富士山



外に富士山、中にも富士山。

美味しいコーヒーを飲みながら目の前には子抱き富士、手が届くところに素敵な富士山ギャラリー。

写真家栗林秀旭の熟練の撮影技術と溢れる感性の店内フォトギャラリーを満喫。

そして、有名な写真家とお話しができたという貴重な経験に大満足です!

栗林秀旭のプロフィール

ブラタモリやたくさんの番組に出演されている栗林さん。

写真家の方を勝手に気難しい職人のようにイメージしてしまってたようです。
お話しをさせていただくと本当に楽しい。
笑いが止まらなくなるほど、幸せにさせていただきました。

そのはず、栗林さんは日本一料金が高いガイドさん。
サービス精神が、一般的なサービス精神がある人のさらに上にいってしまってます。
タイミングが合えば富士山や樹海を中心のコースに連れてってくれますよ。

冨士エコツアー・サービス 要予約。 写真撮影を始めて20数年、、、、。
1948年 東京都立川市に生まれた。
1999年 「富士」神々の聖域 写真集出版
2001年 個展開催・ギャラリー電車走行
2002年 ポストカード「オリジナル ワールド」制作販売
2004年 山梨県の精進湖畔に移住し、ギャラリー 写ば写ばサロンを開設
ネット通信写真講座講師・写真教室講師・写真撮影「富士山」講師歴任。NHKを初め他局TV・ラジオ番組に出演する。
河口湖町紅葉祭りに於いては2006年度より写真展を毎年開催する。
2013年 世界遺産登録記念 写真集出版
現在もフリーの写真家として撮影活動中

写ば写ば茶崙は、しゃばしゃばさろんと読みます。 栗林秀旭から学ぶ精進湖と富士山

ずっと富士山を撮り続けている栗林さんは最初は雪のない富士山が好きだったそうです。
それがいつしか雪の富士山も撮るようになった。

おすすめは雪が湿っていく2月から。
雪が吹き飛ばされずに落ち着いた富士山を見ることができるそうです。

一番の富士山は?

精進湖からの富士山が一番だと断言されていました。
理由は神様が作ったから。???

渡邉雅哉
富士山周辺で唯一神様が作った景色ってどういうことですか?
本当に神様が作ったんでしょうか?

「はい、神様が手がけた聖域です。」

日本に数多くある大室山はすべて天井がくぼんでいる。それは神様が座ったからだそう。
富士山は神様が大室山に腰掛けて作った。
精進湖から見る富士山の方向が神様が見ていた景色と同じ向きということ。

富士山
神様の座った大室山
樹海
精進湖の順。

確かに湖、樹海、大室山、富士山のバランスが神がかり的な調和の絶景です。
子抱き富士は神様が作ったんですね。
栗林さんはこの景色のせいで15年前に東京から精進湖に移り住んでしまいました。

テレビで紹介されたおしるこ

栗林さんから精進湖、富士山、樹海の楽しいお話を聞いていたら
奥様のお作りになった「おしるこ」がテーブルに届きました。
温かくて、おいしかったです!
テレビで紹介された次の日は行列だったそうですよ。

目の前の富士山、栗林さんの楽しいお話、おいしいコーヒー、おしるこ。
本当に幸せ。

写ば写ばの詳細情報

住所 〒409-3713 山梨県南都留郡富士河口湖町精進257-1
TEL 0555-87-2027
定休日 水曜日・木曜日
祭日の時は営業
営業時間 AM8:00~PM5:00
平均予算 ~¥999
駐車場

駐車場はお店の正面の道を挟んでこちら。

駐車場がいっぱいの時は徒歩30秒の県営精進湖駐車場をご利用ください。

精進湖民宿村から写ば写ばまでの行き方 アクセスは?

それでは精進湖民宿村から向かいます。
湖畔沿いにありますので精進湖の2つある入り口のどちらから入ってもたどり着けます。

  • 1つ目の精進湖入り口  

ここを左折したら5分もしないうちに左手に「写ば写ば茶崙」があります。

  • 2つ目の精進湖入口

ここを左折。
5分もしないうちに右手に「写ば写ば茶崙」が見えてきます。

  • 河口湖インターからなら

139号線を本栖方面へ25分でここ精進湖入口に着きます。右折。

お食事あとは湖へ

目の前の精進湖を散策してみましょう。

県営駐車場には与謝野晶子の句碑がある。
「秋の雨 精進の船の 上を打ち 富士ほのぼのと 浮かぶ空かな」
ここ湖北西の他手合浜に、昭和7年に精進湖に一泊した時の句だ。

県営駐車場からの富士山も絶景ですね。
駐車場から精進湖の公道はご家族みんなで注意して渡りましょう。
栗林さんから学んだ精進湖、樹海、富士山が目の前にあります。

YouTubeチャンネルのご登録をお願いいたします!